ハイパーウサギ

ハイパーウサギの偏食オタク帖

アラサーの偏食オタク・ウサモケンがおうちで楽しく過ごす方法をまとめるブログ。漫画やアニメ、ドラマなど好きな作品について書いています!⇩当ブログの人気ページ⇩

【感想】呪術廻戦公式ファンブック【芥見下々×久保帯人の対談が面白い】

f:id:hyper_usagi:20210308172026p:image

こんにちは。

ハイパーウサギ(@hyper_u3gi)です。

 

「呪術廻戦」大人気ですよね~!

私はアニメから見始めたんですが面白い!

最近は夏油のことばかり考えています()

 

アニメのOP・EDのセンスが素晴らしくて大好きです。

1クール目も!2クール目も!

私は1クール目のOPとEDに惹かれて見始めたクチです。

 

アニメ「呪術廻戦」は以下の配信サイトなどで視聴できますよ〜

 

さぁ、そんな「呪術廻戦」ですが、このほど公式ファンブックが発売されましたね~!

各キャラクターの詳細設定や原作者・芥見先生によるコメントなど内容盛りだくさん。

そして、個人的に一番楽しみにしていたのは芥見下々先生と「BLEACH」作者の久保帯人先生の特別対談!

 

BLEACH」好きな芥見先生。

初の直接対談!

楽しみしかありません!

 

ということで、このページでは「呪術廻戦公式ファンブック」の芥見先生と久保帯人先生の対談部分を中心とした感想を書いております。

※以下、ファンブックのネタバレが含まれます。

※閲覧にはご注意くださいませ。

 

【感想】「呪術廻戦」ファンブック対談部分

まず、芥見先生がBLEACH好きすぎますね(笑)

久保先生にも「すげえファンじゃん」と言わしめるほど。

いや~最高です。

めちゃくちゃ語ってくれるし、着目点が深くて面白い。

 

お互いの漫画のルーツについての話も興味深かったですね。

 

対談は、計11ページありました。

 

鬼道について

BLEACHと言えば鬼道!

鬼道の詠唱はみんなマネして遊んだのでは?

("みんな"は言い過ぎ?笑)

 

芥見先生は「BLEACH」の好きなセリフ/シーンとして、鬼道『雷吼炮(らいこうほう)』を挙げられていました。

雷吼炮(らいこうほう)の詠唱はこちら

散在する獣の骨

尖塔・紅晶・鋼鉄の車輪

動けば風

止まれば空

槍打つ音色が虚城に満ちる

破道の六十三『雷吼炮』

 

芥見先生が「雷吼炮」を好きな理由として、他の鬼道の詠唱との違いについて語られていました。

(詳しくはファンブックで確認してみてください!)

 

また、対談の中で同じく鬼道のひとつ「黒棺」についても取り上げられていました。

黒棺の詠唱についても以下に引用します。

滲み出す混濁の紋章
不遜なる狂気の器
湧き上がり・否定し・痺れ・瞬き 眠りを妨げる
爬行する鉄の王女
絶えず自壊する泥の人形
結合せよ 反発せよ
地に満ち 己の無力を知れ
破道の九十 『黒棺』

 

う~んしびぃ(渋い)。

 

芥見先生が黒棺の詠唱破棄がかっこいい、と言っていて本当にそうだなぁと。

詠唱破棄であの "黒棺" を繰り出せるなんてやべえってのがカッコイイんですよねぇ。

 

コミックスの巻頭ポエムについて

コミックスの冒頭ポエムのことを芥見先生は「巻頭歌」と呼んでいました。

「巻頭歌」ナイスネーミング‥‥!

 

久保先生も今度からそう言おうかなって言っているところまで含めて面白い。

 

交換イラスト

対談の最後には、お互いのキャラクターを描いたイラストが掲載されていました。

 

つまり、 芥見先生がBLEACHのキャラクターを。

久保先生が呪術廻戦のキャラクターを描いたものです。

 

どのキャラクターを描いていたかと言うと~~~~!!!

芥見先生は、BLEACH涅マユリ

久保先生は、呪術廻戦「夏油

 

これ‥‥!

どちらもめちゃくちゃカッコよかったんですよ!!

 

芥見先生のマユリ様は「マユリ様のヤバイ感じ(語彙)」がよく出ていました。

表情がマジマユリ様!

 

久保先生の夏油は、久保帯人イズムにハマりすぎていましたね‥‥カッコイイ‥‥!

 

対談部分以外

芥見先生が答えるキャラクターに関してのQAとか、非常におもしろかったですね。

簡潔で素直な回答は好印象しかない。

 

今回は芥見先生と久保先生の対談部分を大きく取り上げましたが、もちろん対談部分以外もすごく良かったです。

 

まとめ

芥見先生と久保先生の対談だけでも読む価値あり、と言ってしまってもいいくらい興味深い内容でした。

 

「呪術廻戦」をあまり知らないけど「BLEACH」好きで芥見先生と久保先生の対談読みたいという人にもオススメできる内容だと思います。